長崎県諫早市の「諫早療育センター」さんから、栽培のご様子とメッセージカード、収穫の種を送っていただきました。160名が入所されている重症心身障害児者の方のための施設とのことです。

写真を拝見するに、利用者の皆さまが、ご自分で関われる方法で丹念にお育て下さった様子がわかります。ボッチャを連想させる「自動種まき機」すごい!『Bigスマイルガーデン』の看板も手作り!壁新聞も華やかで、楽しさが伝わります!

「ひまわり栽培を通じて社会参加や地域交流につなげたい」との、機能訓練科のご担当者様のお気持ちも含めて、大変有難い気持ちです。鳥に食べられた分もあったようですが、無事に収穫頂けて良かったです!

 また、ご自分たちがお育て下さった「種がどのような製品になっているのか、利用者みんなで味わってみたい」と、オイルやせんべいをご注文下さいました。続けて、職員の皆さまに、共同購入を募って下さいました。

 ひまわり栽培を通じて多様な意味を広げてくださることは、私たちが目指す「共生社会」へとつながる着実な一歩と拝見いたしております。素晴らしいご活動に育ててくださり、心より感謝申し上げます!

●送っていただいたメッセージカード

Image
Image
Image

●共有頂いた「栽培のご様子」


★ひまわり栽培記録★

毎年、中庭の一角で育てているひまわり。

今年はシャロームさんのひまわりプロジェクトに参加し、利用者といっしょにひまわり栽培・種の収穫にチャレンジすることにしました。

今は、無事に種を送ることができてほっとしています。

簡単ではありますが、栽培記録をまとめてみました。

↓5月 種まき。外での作業が気持ちいい!

↓プランターにも植えました。車椅子に乗ったままできる自動種まき機!

↓みんなで看板も作って立てました。その名も『Bigスマイルガーデン』!

↓7月 満開。思っていたより小ぶりでしたが、次々に咲きました。

↓8月 種はまだまだ先だろうと思っていたら…スズメに食べられた!!排水口ネットをかけて死守!

↓9月 種の収穫はざるでゴシゴシ。しっかり乾燥させたので、簡単にとれました!

↓ひまわりの成長は、壁新聞でみんなに発信!毎号、楽しみにしているとの声も♪

ひまわりの栽培から種の収穫まで、Bigスマイルグループと称して活動に取り組んできました。

栽培だけではなく、看板作りや壁新聞の製作も!

土を触るのが好きな人、細かい作業が得意な人、字を書くのが得意な人、、、

それぞれが得意なことを担当しました♪

「次は何ばすると?(次は何をするの?)」

「今日も水やりしといたけん!(水やりしておいたから!)」

「種、あんなにとれたと?すごかね~!(すごいね~!)」

利用者も職員もとても楽しい時間を過ごすことができました。

ひまわりを通じてシャロームさんとやりとりができたのもとても楽しかったです。

ありがとうございました!