カテゴリー別アーカイブ: ひまわり大使派遣

京都中学生交流 その2

京都中学生交流 その2

午前中、福島市内を見学された京都の父子は、シャロームの関係者やひまわり大使と交流の時間を持ちました。まず、中学校でのひまわり栽培の様子をお聞きしました。どのようなきっかけで始めたのか、生徒の皆さんの自主的な活動として、どのように展開されているのかなど、様々なことを教えてもらいました。

桂中学は特に生徒の自主性を尊重し、多くの活動が活発に行われているようです。結果的に生徒自身の「自治力」が高まり、工夫を加えることで楽しみながら社会参加が出来ているとの印象でした。ひまわりの背比べ大会を行い、700人の生徒がクラスごとに肥料など工夫を凝らす。水やりも当番制でこなす。大通りに面したバス停付近に、福島のことを忘れない!との看板を掲げる。「笑顔になれる瞬間」についてメッセージを集め、10メートルを超える横断幕を作成。文化祭で体育館に掲示してくれたそうです。(この横断幕は12月の「交流報告会」に借用し、一番目立つ場所に展示させて頂きました)

ひまわり栽培に取り組むことで生徒の皆さんに福島への思いが紡がれ、災害を他人事としない思いやりの気持ちが育っていると感じました。こうした生徒の発意をそっと見守る先生方にも恵まれ、教育現場で他者への関心や自主性が豊かに育まれている様子が分かりました。その中心に、福島のひまわりが咲いていることを思うと、すがすがしい気持ちと共に、心からの感謝・感激を覚える私たちでした。

参加してくれたひまわり大使は、自身の経験をまとめた作文を読み上げ、ひまわり大使ツアーに参加しての感想文を披露してくれました。小学5年生の大使は、プログラムに参加するごとに逞しく成長し、自分で情報を選択し、読み解き、自分に何が出来るのかを考えています。こうして大使のプログラムに参加している福島の子どもたちや、生徒たちに呼び掛けてひまわり栽培に協力し、被災者への思いを繋ぎ、自発的に福島を来訪してくれた中学生(卒業生)の前向きさ、、、こうした若者が震災を教訓に自分の「生きる力」を伸ばしてくれている姿に、こみ上げるものを押さえきれない素晴らしい時間となりました。

京都中学生交流 その1

京都中学生交流 その1

3月24日、ひまわり栽培の協力者である京都市立桂中学校を卒業したTさんがシャロームを訪問してくれました。当初、12月の「ひまわり感謝祭」交流報告会に参加する予定でしたが、都合が合わず、参加が出来なくなり、卒業後の春休みに訪問することとなったものです。お父様と一緒に訪問されたお二人は東京よりも北を訪ねたのは初めて。折しも雪が混じる寒い日となったにも関わらず、福島市内の見学を希望されました。

福島の現状理解には、正しい情報と現地の確認が不可欠です。今回、卒業後の貴重な時間を使って来福されたTさんに、除染が進められて放射能汚染が取り除かれた現状や、仮設住宅の跡、復興公営住宅、運び出しが進められている仮置き場などを見てもらいました。駐車中のWBC車を見て内部被ばく検査の重要性についても納得された様子でした。

 

DS6_0720DS6_0763

 

 

原発事故後の情報はニュースなどで見てもらっていたようですが、関西での情報は時間の経過と共に少なくなっています。改めて現地を訪問し、実際に測定を経験することで、実感として理解いただくことが出来た様子でした。

埼玉ツアー その2

埼玉ツアー その2

 

ひまわり大使埼玉ツアーの2日目は、新座ひまわりプロジェクト実行委員会の皆さんを訪問しました。この団体では、障がいを持つ方々とそのサポートをしている方々とが共同作業でひまわりを植えて下さっています。代表の方は生まれつき、目がご不自由で、盲導犬と一緒に出迎えて下さいました。ひまわり大使たちは代表の富永さんと握手を交わし、遠方から訪問したことへのお礼の言葉を頂戴しました。受付係や司会進行も障がいを持つ方々が見事に分担され、その方々にそって寄り添ってサポートする多くの皆さんの姿も大変印象的でした。会場全体にやさしい雰囲気が満ちていて、初日の生協さんのご対応と共に大使達に深い感慨を抱かせるものでした。

DS6_0370

 

まず、新座ひまわりプロジェクト実行委員会からのご挨拶をお聞きし、駆けつけて下さった新座市長の並木さんから歓迎のお言葉を頂戴しました。この新座でのプロジェクトでは、新座市の職員さんがひまわり畑の耕作や肥料やりにご協力下さっています。市民の発意と行政のバックアップが福島を応援する活動に結びついていることを学び、特に大使たちはその有難さに感じ入っている様子でした。

 

大使からは事前学習会の映像紹介、作文の発表、絵本の読みきかせが行われました。当初、公務のために30分の滞在予定だった市長さんは、結局、1時間も大使の発表を聞いて下さいました。熱心にメモと取りながら耳を傾けて下さる姿に、大使たちの発表も熱を帯びたようでした。福島の現状や教訓がしっかりと伝わり、風化や風評を越えていく力を感じることが出来ました。

 

 

その後、新座でのひまわり栽培についてお話しを伺いました。校長会で協力を要請し、栽培のアドバイスに出向いて下さっています。小学校、中学校、高校の半数以上で取り組みが進められ、その分、福島への共感が広がって行きます。種植えから収穫まで、障がいを持つ人も無い人も共に汗を流す様子を写真で見せて頂きました。全盲の富永代表も手探りで種を取る作業に加わり、楽しみながら栽培して下さっているのが良く分かる説明でした。

DS6_0609

 

会場からも活発な質問があり、ひまわり大使たちははにかみながらも丁寧に答えていました。作文発表に引き続いて感想を述べる場面で大使の一人は「障がいを持つ皆さんが福島のためにここまでのことをして下さっている。健常者はもっと様々な努力をすべきであると感じた」と涙ながらに語ってくれました。ひまわり大使の活動に参加することで自主性が育ち、他人のために何が出来るかを考え始めた大使達。情報や教訓の発信に留まらない貴重な経験を重ねている大使達が、まぶしく、逞しく見えた今年度最終ツアーとなりました。

 

埼玉ツアー その1

3月22日~23日にかけて、埼玉へのひまわり大使ツアーを実施ました。小学生ひまわり大使が5人参加し、2名の引率で2か所を回りました。

初日は卒業式があり、出発が午後になりました。8人乗りのレンタカーを借りて出発。高速道路を利用して川口駅前の「埼玉県勤労者生活協同組合」を訪問しました。理事長さん、専務さん、協力者さんが出迎えてくださり、交流の時間を持つことが出来ました。

 

まず、ひまわり大使が参加した事前学習会の映像を見ていただきました。農家の苦労やJAふくしま未来のスタッフが取り組んだこと、放射能測定を終えた農産物しか出荷していないことなどを説明。土湯温泉の再生可能エネルギー紹介では、エコタウンを目指しての新しい取り組みについて知っていただくことが出来ました。

5人の大使がそれぞれの作文を発表。家族ごとに異なる震災後の体験を語りました。皆さん、真剣に耳を傾けてくださり、様々な質問にも分担してお答えしました。話題は東京オリンピックに移り、福島で開幕戦を行うソフトボールの試合や、聖火ランナー用のトーチには仮設住宅で使われたアルミニウムが再利用されるなど、復興をテーマとした意見が活発に交わされました。全体的に大変心温まる雰囲気で交流が行われ、最後には全員の方と固い握手を交わすことが出来ました。親切にして頂いて、大変ありがとうございました。

 

 

5人の大使がそれぞれの作文を発表。家族ごとに異なる震災後の体験を語りました。皆さん、真剣に耳を傾けてくださり、様々な質問にも分担してお答えしました。話題は東京オリンピックに移り、福島で開幕戦を行うソフトボールの試合や、聖火ランナー用のトーチには仮設住宅で使われたアルミニウムが再利用されるなど、復興をテーマとした意見が活発に交わされました。全体的に大変心温まる雰囲気で交流が行われ、最後には全員の方と固い握手を交わすことが出来ました。親切にして頂いて、大変ありがとうございました。

この日の夜は池袋のビジネスホテルに宿泊。自然環境に出来るだけ負荷をかけないホテル運営をしている宿で、大使達も歯ブラシなどを持参して無駄な備品を使わない工夫をするなど、環境意識の向上に努めました。放射能汚染という環境汚染に見舞われた福島県民として、次代をリードする子どもたちには欠かせない資質となります。翌日の予定を確認し、就寝しました。

 

シネリテラシー講座

3月3日、これまでの取り組み内容をまとめるためのシネリテラシー講座を行いました。

ひまわり大使はツアーごとに活動内容を振り返り、ひまわり感謝祭での「交流報告会」で交わされた意見を元に紹介映像作りを行いました。

まず、行程を振り返りながら活動の模様を撮影した写真を見ました。写真によって記憶も呼び覚まされ、印象的だった出来事や受け入れ協力者さんとの交流の模様についてシナリオを作成。読み上げ担当順を決めて録音を行いました。

その録音に合わせるための写真を選び、編集作業を体験しました。これらの報告映像集はDVDにダビングし、大使ツアーの協力者さんや全国のひまわり栽培協力者さんに郵送。福島の現状を紹介し、大使の経験を語る貴重な資料として発信されます。

 

 

2018首都圏ツアーその2

首都圏ツアー 初日 2018年11月18日(日)

2日目
 首都圏ツアーの2日目は、立川市にある宗教法人真如苑のプロジェクトMURAYAMAを訪問。ひまわりを栽培していた畑を見せて頂きました。大変に広大な畑で、この広い土地で福島のためのひまわりを栽培して下さっていたことに感動を覚えました。収穫時には多くの小学生も参加してくれているとのこと。暑い中の作業のご苦労を想像し、感謝の念を深めました。

ひまわりを植えた畑の見学

ひまわりを植えた畑の見学

 

畑の見学後、共にひまわりを植える作業を担当した青年部の方々と交流発表会。事前学習で学んだ福島の今を報告する映像を見て頂き、ひまわり油を製造する行程も共有。高校生大使全員が作文を発表。引率の教師も体験を語りました。引き続き、村山でひまわりを植えて下さっている季節ごとの様子を見せて頂き、ご苦労の中でも助け合って栽培する楽しさや、福島へと思いがつながれていく大切さを感じました。一連の活動の中で全国の栽培協力先を訪ね、ひまわり大使ツアーを行う意味を確認しました。

受入団体と連携しての交流発表会

受入団体と連携しての交流発表会

大使による作文発表

大使による作文発表

大使による作文発表2

大使による作文発表2

 

 発表が終わったあと、集まって下さった全員の方から大使の作文を聞いた感想をお話し頂き、初めて福島に住む高校生の話を生で聴くことが出来たと、感動のあまり涙を流す方も多く見受けられました。高校生大使もその姿を見て感動し、大使として福島を伝えることの重要さと役割の大きさに改めて気づいた様子でした。

集まった方から感想を聞く

集まった方から感想を聞く

 

受け入れ側には岩手県で被災した方もいらっしゃり、ご自身の体験もお話しくださいました。お互いに震災の痛みが分かるだけに、直接触れ合い、話しを聞くことが出来た感動が増したようでした。誰もが経験したわけではない体験の当事者として全国の皆さまとこうして直接お会いし、現状を伝える語り部活動を継続していくこと。訪問した側も受け入れた側も共に意識を高めることが出来る機会の重要性を改めて認識したツアーとなりました。

同じ時間を分かち合った皆さんと

同じ時間を分かち合った皆さんと

2018首都圏ツアー 初日

首都圏ツアー 初日 2018年11月17日(土)

今回、首都圏ツアーには高校生ひまわり大使5人が参加し、引率2名で実施しました。新幹線で東京駅経由、中野駅まで。「なかのアクション」の報告会に参加する形で交流の機会を持ちました。会場に到着後、房総半島で実施されている福島の子どもたちのための自然体験プログラムについて、活動内容をお聞きしました。
自然体験プログラムについて聞く (1)
自然体験プログラムについて聞く
なかのアクションの報告会に参加 (1)
なかのアクションの報告会に参加

報告会では、ひまわり大使から映像で事前学習会の様子を紹介。再生可能エネルギーやJAを見学し、農家の苦労などについて取材した内容を見てもらいました。その後、5人の大使から作文を発表。震災後、それぞれの家族で異なる経験を重ねたことについて作文を読み上げる大使の発表に、じっくりと耳を傾ける方が多い印象でした。
大使による作文発表 (2)
大使による作文発表
大使による作文発表2 (1)
大使による作文発表

今回は高校生大使のみの参加だったため、小学生大使が書いた作文も持参し、読み上げました。引率者の体験も合わせて披露。特に震災当時高校生を持つ母親として様々な迷いが生じた時の気持ちや、教育者として学校の運営や生徒のフォローにあたった苦労が共有されました。様々な年代の体験を網羅できたことから感動もひとしおで、震災を風化させてはならないと、来場者の福島に寄り添おうとする気持ちが新たなものとなりました。同じく実施された映画監督の講和を聞くことも出来、より幅広く震災後を振り返る機会にすることができました。

来場者から感想をお聞きする (2)
来場者から感想をお聞きする

終了後、夕食をともにしながら膝をつき合わせて個別の対話を行い、参加者はもちろん、高校生大使や引率者にとっても、より深い話まで落とし込むことが出来ました。首都圏で交流してくださった方々は、東京電力の電気を使ってきたことの負い目を感じているとのことで、福島県民が辿って来た苦労に心を致し、今後も寄り添っていきたいとの熱意を語って下さいました。

2018感謝祭交流報告会2

12月8日、ひまわり感謝祭で行った「交流報告会」では、午後の部のステージで発表を行いました。

まず、事前学習会を行った様子を映像で報告。暑い夏の日に見学した桃農家さん、JA直売所、土湯温泉バイナリー発電所、環境再生プラザで学習した内容を10分間の映像に取りまとめたものです。この映像集には、九州や岡山を訪問する大使が、災害で大きな被害を受けた住民の皆さまに向けたメッセージが込められています。実際の訪問時に見て頂き、感動をもって受け止めて頂いたものでした。また、各大使ツアーの様子を写真で紹介しました。

 

 

次に、二本松市の有機農家さんを題材にした絵本の読み聞かせです。事前学習会でお話しを伺ったこと、そのままが絵本にまとめられています。放射能が降ってきて農業をあきらめかけたこと、除染し、測定し、関東地方の方々の協力を得ながら新たに歩み始めた体験がひまわり大使から語られました。

 

 

岡山訪問時に交流した歌っ子すずちゃんが駆けつけて、オリジナルの復興応援ソング「ひまわり」を披露してくれました。これは「福島の今を知る」と題されたイベントでも歌ってもらった応援歌で、福島への温かな気持ちが伝わってくる歌でした。イベントを支えてくれた高校生や支援者も来福され、どのような思いでイベントを作り上げたのか、教えて頂きました。

 

各ツアーに参加した大使からの作文発表。ツアー実施後の感想文も披露しました。様々な体験が様々な思いを生み、震災以降の体験にプラスされて成熟していく頼もしさが感じられる作文発表となりました。

 

 

各ツアーを実施するにあたって受け入れ協力してくださった団体の皆さんや、大使の保護者からの発言もあり、会場全体が感動の輪で包まれる思いでした。ひまわりを栽培して下さるところから広がる善意の輪が福島の子どもたちを育て、風評や風化を越えて福島の経験が教訓として広がっていく様子が共有された素晴らしい時間となりました。

2018感謝祭交流報告会1

ひまわり感謝祭 交流報告会 その1

 

12月8日に実施する「ひまわり大使交流報告会」のため、2日に準備会を行いました。どのような報告会にすべきか大使同士で話し合い、写真で紹介する報告と、ステージ発表で行う報告の2種類で実施することを決めました。

それぞれの大使ツアーに分かれて、活動内容を紹介するための説明文づくりを行いました。九州や岡山、山形など、訪問先や活動内容によって内容は多岐にわたり、お互いのツアーの紹介を聞くことで、大使同士の更なる交流や学習に結びつけることが出来ました。

 

DS6_4386 DS6_4392

 

 

12月8日、感謝祭当日は朝から集合し、張り出した写真にコメントを貼る作業を行いました。大使ツアーで交流した受け入れ協力者さんも来てくださり、再会を喜び合いながら振り返りの時間とすることができました。

DS8_8988 DS8_9104

 

午後からのステージ報告のため、大使ツアーのコースごとに練習を行い、本番に備える緊張感が伝わってきました。

DS8_8997 DS8_8994

 

映画鑑賞~ディスカッション

福島県 「ふるさと・きずな維持・再生支援事業」

 

映画鑑賞~ディスカッション

 

前半のDVD教材による学習の後、後半は短編映画を見て福島県民の体験を振り返りました。福島第一原発事故前から「核の問題」にクローズアップして取材していた鎌仲ひとみ監督による『カノン便り』です。

 

020.001福島県民に取材した短編映画を鑑賞DSC00171
福島県民に取材した短編映画を鑑賞

 

この映画には、高校生大使に近い年齢の女性たちによる被災地見学ツアーの取り組み、産直販売の農家さんや若いママさん達へのインタビューなどが多数収録されています。普段の生活では出会えない県民の声が間近に感じられ、多様な方々の経験も含めて発信することの重要性を認識することが出来ました。首都圏ツアーでは関東地方でひまわりを栽培して下さっている方々と交流します。そのプログラムで鎌仲監督をお招きした講座も予定されており、高校生たちは実際にお会いすることになる鎌仲監督との出会いを楽しみに待つことになりました。

 

020.002シャローム代表も交えてのディスカッションDS6_4365
シャローム代表も交えてのディスカッション

 

映画に触発されて、高校生大使たちは東日本大震災後の経験をそれぞれに話し始めました。引率役の新関さんもご自身の体験を語り、お互いを尊重しながら気持ちを分かち合う素晴らしい雰囲気に包まれました。現在は高校生でも、震災当時は小学生。今は同じ学校に通っていても、それぞれの震災当時の経験を聞く機会は今回が初めてだったようです。首都圏ツアーを前に学習会を行うことで、地震と原子力災害に見舞われた福島への理解が進み、大使同士のきずなも一層深まった時間となりました。

 

020.003和やかな中にも真剣な事前学習風景換DS6_4369
和やかな中にも真剣な事前学習風景