カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

【ゲスト出演】3月16日(土) LUSH郡山店チャリティーパーティー

平成31年3月16日(土)はLUSH郡山駅店のチャリティーパーティーにゲストとしてシャロームが参加し、「ひまわりプロジェクト」について説明を行う予定です。当日のチャリティーポット売上が「NPO法人シャローム」へ寄付されます!近隣のみなさま、ぜひぜひ当日はLUSH郡山駅店へ足を運び、応援してください!

‐ラッシュジャパンとは?

ラッシュは、英国生まれのコスメブランド。新鮮でオーガニックなフルーツや野菜を使って手作りした、バスアイテムやスキンケア製品を提案しています。
創立以来、人・動物・環境が持続可能に共存できることを目指し、エシカルにビジネスを行っています。

‐売上げ全額寄付チャリティ商品『ニューチャリティポット』
『ニューチャリティポット』は、地域の生態系を豊かにし従来型農業に取って代わるパーマカルチャーの概念である「地球への配慮」、「人々への配慮」、「公平な分かち合い」をもとに、持続可能な農業やコミュニティプロジェクトのサポートを行う「スラッシュ・ファンド」から届いたケニアのアロエやペルーのローズウッドなど最大7種の原材料を使用しています。
原材料の働きを最大限に利用し、合成保存料は一切使用しておりません。
肌にも環境にも優しいハンド&ボディーローションです。

社会をよりよくするため、物事のを解決するような活動を行う小規模な草の根の団体の活動を応援することを目的とし、売上げ金(消費税を除く)の100%を環境保全、動物福祉、人権擁護、東日本大震災の分野で活動する団体に継続的な助成を行っています。
LUSH郡山駅店→https://jn.lush.com/shop/koriyama-station
ひまわりプロジェクト→http://www.nposhalom.net/himawariproject/

#peacemaker
#助け合い
#NPO法人シャローム
#子どもたちの未来を紡ぐ
#紡いでいく未来
#みんなで紡ぐ子どもたちの未来

当日は同時開催で
LUSH大阪梅田店では『心援隊』による被災したお子さまの支援をされている団体様
LUSH広島本通り店では『いわき放射能測定室たらちね』によるイベントを開催いたします。

画像2画像1

8回目の3.11

ひまわりブログを見て下さっている皆さま

8回目の3.11.となりました。今日の福島市は冷たい雨が降っています。
8年前は曇り空でした。地震の後、にわかに雲行きが怪しくなり、突然吹雪になったことを思い出します。寒々とした中、何が起きたのか分からない不安と共に真っ暗な夜を過ごしました。その闇は薄れこそすれ、時として靄のように心のそこ此処に現れるような気がいたします。

8年が経っても、未だ4万人以上が避難中です。
(福島県発表:県内避難者8,655人=2018/11.30.調べ 県外避難者32,631人=2019.2.7.調べ)。

福島県発表資料
福島では震災関連死は2,250人を越え、残念ながら増え続けています。
(復興庁発表:65歳以上2025人 21歳以上65歳以下223人 20歳以下2人=2018.09.30.現在)

復興庁発表資料

ひまわりプロジェクトにご協力くださっている皆さまは、原発事故後の福島の苦境を他人事とせず、お住まいの地域で花を育てることで私たちに寄り添って下さっています。皆さまの温かいお気持ちは、いまなお薄闇が続く福島に住む私たちにとって、大きな励みになっています。心より感謝申し上げます。

災害を機に始まった「ひまわりプロジェクト」ですが、皆さまのお住まいの地域で新しい輪が生まれたり、お子さんとお年寄りが集う機会が出来たりと、その意味が広がっているようです。助け合うことの大切さや災害について学ぶ機会になっていると、お手紙を寄せて下さる方もいらっしゃいます。福島に住む子どもたち(ひまわり大使)にとっても、改めて気づきの機会になっています。
今後は、こうした草の根の市民力同士が、お互いに良いつながりを生み出して行くのではないかと想像しています。ひとえに、皆さまの温かなお心と行動力のなせる技であると、震災と原発事故を祈念する日に改めて感謝申し上げます。

今年度の種の配布も始まります。福島のためだけではなく、皆さま方ご自身のためにも活かして頂けましたら幸いに存じます。皆さまのご健康とご多幸をお祈りして。

NPO法人シャローム 大竹静子

2019.3.11の福島市

【お知らせ】2019年栽培協力者さま募集について

ひまわりの栽培にご協力を賜っております団体・個人の皆さまには温かなご協力を頂戴し、厚く御礼申し上げます。
2018年度は酷暑・台風・大雨・地震と災害の多い年でした。このような中、心を込め
てひまわりを育てて下さり、誠にありがとうございました。おかげさまで約1.3トンの
種を収穫頂き、ひまわり油「みんなの手」として製造販売できる見通しです。皆さまのご
協力に、改めて深く感謝申し上げます。
種を送り返して頂きます際、お手紙を入れて頂く場合がございます。拝読いたしますに、
「日本地図で福島を探し、種をまき、水をやり、収穫し、お手紙を書き、郵便ポストまで
入れに行く。ひまわりにまつわる全ての行動が、園児達の日々の学びにつながっています」
「高齢者福祉施設で栽培したひまわりの種を送る際、代表してお手紙を書くことで入所者
が自信を持ちました。栽培の役割を果たすことが生き甲斐につながっています」「耕作放
棄地が広がる中、ひまわりを植えることで地域の方々が集まり、美しい花を楽しむことが
出来ました」といったお声が聞かれます。ひまわり栽培は、福島へのご支援につながるだ
けではなく、育てて頂く皆さまのお住まい先で彩り豊かな花を咲かせてくれているようで
す。皆さまのご協力があってこそ、こうした市民活動が広がって行きます。これは、福島
第一原子力発電所の事故という“不幸な出来事”を、浄化する作業になっているのではな
いでしょうか?災害が多発する現在、皆さまが紡いで下さる輪をネットワークとして活か
していくべく、シャロームは更なる展開を目指して参りたいと考えております。
2019年度の栽培協力者さまを募集する「お知らせ」をお送りいたします。ご理解と
ご協力を賜れますと幸いに存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

NPO法人シャローム「ひまわりプロジェクト」実行委員会
〒960-8141 福島県福島市渡利字鳥谷下町67-1(ベーシック憩内) 担当:野内
Tel.070-5474-4166 Fax.024-573-8426
Mail:info@nposhalom.net(野内宛) HP:http://himawariproject.com/ 

2019趣意書(PDF)

2019栽培協力者募集のご案内(PDF)

2019参加申込書(Word)

脱線☆ひまわり談♪~パート54~

こんにちは!かっちゃんです。福島は今日も冷たい風が吹いています。

1月18日金曜日の今日は、ひまわりに関する脱線話をお送りしています。楽しく読んでいただけておりますでしょうか。

さて、本日ご紹介するのは、NPO法人シャロームで定期的に行われている、「地元学」のお話。

シャロームの地元「福島市」の歴史に触れながら、ホッとなひとときを過ごします。

以下、NPO法人シャロームホームページより、抜粋(2019年1月7日更新分)

============================================

「落語の世界と色即是空」

講 師  ややま ひろしさん

漫画家

うつくしま芸人会代表

日 時  2019年1月19日(土)

13:30 ~ 15:00

場 所  まちなか夢工房2階

参加費 500円

<講演内容>

世界三大宗教と言われるキリスト教、仏教、イスラム教には基本的教えがあります。なじみの仏教の基本的原理は縁起と空と色即是空といわれます。反するかのように「落語の世界は、いろいろな欲(業)の肯定である」と言われます。 アッハッハ・・・、ウッフフと笑いの中に気持ちもリラックスさせてくれる落語の世界についての秘密をお聞きし、新年の初笑いをお楽しみください。

プロフィール:ややま ひろし(屋山 弘)さん

1933年(昭和8年)7月2日生まれ。福島市出身。昭和27年県立福島商業高等学校卒業、同年㈱中合(NAKAGO)入社。企画宣伝課長、本社人事課長を経て、昭和50年退社独立。

株式会社イベンターの代表取締役。

日本漫画家協会参与。民友新聞社「民友マンガ大賞」審査委員長。民友新聞にエッセイとマンガ「ろう漫日記」連載中。うつくしま芸人会代表。郷土歴史研究家・作家・福島ペンクラブ会員。

著書に『福島の歴史は面白い』『福島を面白くした50人』『百年の商魂』『信達三十三観音膝栗毛』『大霊界で12人にインタビュー』『福島の方言』『わらじまつりの陰謀』など20冊出版。

これまでのひまわりブログの更新数の結果 2019年

此方はブルームです。
1月7日の月曜日の今日は、特別にひまわりブログのカテゴリの過去の数とどこまでカテゴリが一番多い結果を発表致します。

 

🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻

 

これまでの2019年のひまわりブログの更新数
これまでの2019年のひまわりブログの更新数

 

これまでのひまわりブログの更新合計数
これまでのひまわりブログの更新合計数2019

 

 

🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻

 

合計として一番多いブログなのが、やはり全国の栽培報告ご紹介です。そして新しいタグ、ひまわり便りが追加されました。これからもひまわりプロジェクトは頑張っていきます。

 

次回の更新をお楽しみに。

これまでのひまわりブログの更新数の結果 2018年

此方はブルームです。
4月23日の月曜日の今日は、特別にひまわりブログのカテゴリの過去の数とどこまでカテゴリが一番多い結果を発表致します。

 

🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆

 

これまでの平成29年のひまわりブログの更新数
これまでの平成29年のひまわりブログの更新数

 

これまでのひまわりブログの更新合計数
これまでのひまわりブログの更新合計数

 

🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆🌻📊🏆

 

平成29年といい、合計として一番多いブログなのが、全国の栽培報告ご紹介です。全国からの方々が皆に見せたい気持ちで書いた日記が人気のようですね。

次回の更新をお楽しみに。

ひまわりプロジェクトオリジナルTシャツ販売のお知らせ

ベーシック憩で作業に参加しているかっちゃんです。

今回は、ひまわりプロジェクトオリジナルTシャツ販売のお知らせをしたいと思います。

2012年より始まった「ひまわりプロジェクト」。先日も熊本・岡山・京都などに

ひまわり大使を派遣し、徐々に盛り上がりを見せています。年々活気づくこのイベント、

今年は、更に盛り上がること、間違いなしです!

そこで、改めてひまわりTシャツのご案内をしたいと思います!

ひまわりプロジェクトとは?

2012年から始まった「ひまわりプロジェクト」。東日本大震災と原発事故によって

中止となってしまった農業授産の取り組みを基に発足しました。

全国のプロジェクト賛同者にひまわりの種を発送し、

各地で栽培・収穫→種を返送していただきます。

こうして集まった種から搾油した、ひまわり油「みんなの手」は、毎年12月に行われる、

「ひまわり感謝祭」で販売を開始します。ひまわり感謝祭では、私たちの感謝の意とともに、

全国の皆さんの取組をご紹介しています。

ベーシック憩では、搾油したひまわり油「みんなの手」の、ラベリング・梱包という、出荷前の

最終作業に携わっています。少しだけハンディを持つ、ちょっと不器用な仲間たちが、

全国の皆さんの思いを大切に思い描きながら、作業に参加しています。搾油し、瓶詰された

「みんなの手」を、1本ずつ丁寧に梱包しながら、ひとつ、またひとつと、ゆっくりゆったり、

ひとの心を学んでいます。これからも応援よろしくお願いいたします!

ひまわりTシャツ裏 ひまわりTシャツチラシ

ひまわりブログ ひまわりTシャツ 注文開始致しました(^ ^)v

こんにちは。ブログネーム『ふらわーさん』&『トマ』です!

福島も梅雨真っ只中で、ジメジメ気分が続きます凹

こんな、ゆううつな気分の転換には『おシャレ』するのも大事なのかな・・・
と、ふと思います。

そこで、ひまわりプロジェクト事務局からご提案です!!

もはや皆さまの一部となっている『ひまわりプロジェクト』
これをイメージした、ひまわりTシャツを発売する運びと
なりました(^ ^)

 

ひまわり絡みの各種イベント用ユニフォームとして
作業用ウェアとして、お使い頂けましたらと思います。

詳しくは、下記チラシをご参照下さいませ。

ひまわりTシャツチラシおもて正式版
ひまわりTシャツ注文書

 

ひまわりブログ 2017年度ひまわり栽培ご協力者さま募集始めました!!

こんにちは。ブログネーム「ふらわーさん」です。

今号では、標題にありますように「2017年度ひまわり栽培ご協力者さまの募集開始」につきまして
記させて頂きます。

冒頭に、当NPO法人シャローム代表理事 大竹静子からご挨拶方々ご協力のお願いをさせて頂きます。

今年でシャロームが主催する「ひまわりプロジェクト」も6年目を迎えます。2011.3.11の震災と原発事故により、地元でのひまわり栽培を断念しました。そこで全国の福島を支援する皆様からひまわりの栽培協力者を募り、福島から食用ひまわりの種を送り全国各地でひまわりを栽培していただく「ひまわりプロジェクト」が始まりました。 福島から送られた種は全国で花を咲かせ、そこから採れた種は福島へ返送されます。そして、ひまわり油「みんなの手」として製品化され、再びみなさんの手元に返っていきます。この過程を通して、福島では障がい者施設への仕事を提供し、その収益は、長期化する支援活動のための自主財源となっていきます。また、全国に広がる支援の輪は、地域を越えて多くの人たちを繋ぎ、交流を深めていきます。栽培の現地からは、景観作物として地域づくりに貢献し、「親子で植えたひまわりのおかげで、親子の会話は豊かになった。」「住民同士の協力の輪が広がった。」等の便りも届けられます。
 つきましては、今年の栽培協力者を募集いたします。栽培にご協力下さる方は、下記URLのひまわりプロジェクトホームページよりお申込み下さい。

http://himawariproject.com/mousikomi.html

また、各地でひまわりプロジェクトの永続性を求める声もあり、これらの声に応えるために今回からシャロームの賛助会員を広く呼びかけていくことと致しました。賛助会員にご登録いただいた皆様には特典としてご希望のひまわりプロジェクト成果品をお送りさせていただきます。これを機に多くの皆さまに成果品をお手に取っていただければ幸いです。ひまわり栽培に加えこちらにもご賛同下さる皆さまにおかれましては、その旨を申込みの際にご一報下さい。追って会員登録書をご送付させていただきます。一人でも多くの方に賛助会員へご登録いただけますことを心より願っております。
以上二点につきまして皆様ご協力を心よりお待ちしております。
NPO法人シャローム 代表 大竹 静子

賛助会員のお申込みにつきましては、上記URLのホームページにある通信欄に”賛助会員希望”と

ご明記頂くか、NPO法人シャローム(☎️024-563-1680)までお問い合わせ頂けますよう

宜しくお願い申し上げます。

ひまわりブログ 今年度収穫の種が製品化され始めました!

皆さまこんにちは。ブログネームふらわーさんです。

唐突ですが、ご報告からです。。。

2016年度に集荷された種から絞り上げた油が製品化され、一部販売の運びとなりました。
北は北海道から南は九州までご協力者さま方々のご苦労が結んだ成果であり、そのご協力に
あらためて感謝申し上げます。

速報値ですが、返送されました種の総量は1.1トン。油としての収益金は、『ふくしま』に住む
未来ある子どもたちの為を主として有効に活用させて頂きます。

ひまわり油は、福島市のパン屋さん『まちなか夢工房』にて店頭販売の他、下記申込書からもお取り寄せ出来ますので、新しいひまわり油『みんなの手』をご賞味くださいませ。

ひまわり油 注文書(一般).compressed