京都中学生交流 その2

京都中学生交流 その2

午前中、福島市内を見学された京都の父子は、シャロームの関係者やひまわり大使と交流の時間を持ちました。まず、中学校でのひまわり栽培の様子をお聞きしました。どのようなきっかけで始めたのか、生徒の皆さんの自主的な活動として、どのように展開されているのかなど、様々なことを教えてもらいました。

桂中学は特に生徒の自主性を尊重し、多くの活動が活発に行われているようです。結果的に生徒自身の「自治力」が高まり、工夫を加えることで楽しみながら社会参加が出来ているとの印象でした。ひまわりの背比べ大会を行い、700人の生徒がクラスごとに肥料など工夫を凝らす。水やりも当番制でこなす。大通りに面したバス停付近に、福島のことを忘れない!との看板を掲げる。「笑顔になれる瞬間」についてメッセージを集め、10メートルを超える横断幕を作成。文化祭で体育館に掲示してくれたそうです。(この横断幕は12月の「交流報告会」に借用し、一番目立つ場所に展示させて頂きました)

ひまわり栽培に取り組むことで生徒の皆さんに福島への思いが紡がれ、災害を他人事としない思いやりの気持ちが育っていると感じました。こうした生徒の発意をそっと見守る先生方にも恵まれ、教育現場で他者への関心や自主性が豊かに育まれている様子が分かりました。その中心に、福島のひまわりが咲いていることを思うと、すがすがしい気持ちと共に、心からの感謝・感激を覚える私たちでした。

参加してくれたひまわり大使は、自身の経験をまとめた作文を読み上げ、ひまわり大使ツアーに参加しての感想文を披露してくれました。小学5年生の大使は、プログラムに参加するごとに逞しく成長し、自分で情報を選択し、読み解き、自分に何が出来るのかを考えています。こうして大使のプログラムに参加している福島の子どもたちや、生徒たちに呼び掛けてひまわり栽培に協力し、被災者への思いを繋ぎ、自発的に福島を来訪してくれた中学生(卒業生)の前向きさ、、、こうした若者が震災を教訓に自分の「生きる力」を伸ばしてくれている姿に、こみ上げるものを押さえきれない素晴らしい時間となりました。