春休み栽培協力先訪問記 4

兵庫県洲本市 味きっこう代表:魚谷佳代さん 聖トゥラア拝学日本公会 藤森三千雄さん

 3月28日。洲本市は淡路島の東側にある町で、穏やかな海を背景にした観光の町です。ここに、非常食用の玄米保存食を作る「味きっこう」があります。シャロームの代表大竹静子のご友人である魚谷さん、藤森先生をお訪ねし、「ひまわりプロジェクト」のご説明を差し上げ、栽培のご協力をお願いしました。震災後の福島の様子から、少しずつ変化を遂げてきた現在の状況までをお話しし、全国でご協力を頂いている「ひまわりプロジェクト」の持つ意義や社会活動としての発展性についてご理解頂けたものと思います。

淡路島は明石海峡の地下14kmを震源とし、マグニチュード7.3を記録した兵庫県南部地震(阪神大震災)で大きな被害を受け、震災記念公園もあります。海に面しており、南海トラフ地震の懸念もあることから、これからも災害への備えが不可欠な場所と言えます。台風の影響で巨大な風力発電のタワーが倒れたニュースもありました。

「味きっこう」さんが作る保存食は玄米ご飯を用いており、その栄養価の高さから注目を集めています。NHKの朝ドラ「まんぷく」で注目された安藤百福賞や、防災食コンクールでの銅賞を受賞するなど評価も高く、全国で利用されているとのこと。魚谷さんのご配慮で温めた玄米保存食をお昼ご飯にいただきましたが、もっちりとした食感に韓国のりの塩味が効いて、大変おいしい保存食でした。

 ヘブライ語の研究者でもある藤森さんとご友人も一緒に話を聞いて下さり、さっそくひまわりの種を畑にまいてもらえるとのこと。温暖な淡路島でひまわりが咲きそろう様を想像し、集まった皆さんと一緒に、早くも幸福感に満たされた訪問となりました。

 兵庫県・淡路島は海も山も自然が豊かであり、震災の経験を共有できる点でも意義があります。夏休みの「ひまわり大使ツアー」で、子どもたちと一緒に訪問・交流できれば素晴らしいと考えた時間でした。

「味きっこう」さんを訪問してひまわりの種をお渡しする
「味きっこう」さんを訪問してひまわりの種をお渡しする

2019.04.30.ブログ原稿6 災害食大賞で同賞を受賞した低温熟成玄米ごはん 佳の舞
2019年度の災害食大賞「銅賞」を受賞した保存食 「佳の舞」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


認証コード

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>