『大空と大地のカーニバル2019』開催周知イベント を紹介するKさんの報告より

2019年5月8日(水)
岡山県笠岡市で開催された『大空と大地のカーニバル2019』開催周知イベント
を紹介するKさんの報告より

Kさんは「笠岡ひまわりプロジェクト」の中心メンバーであり、当日のイベントの司会も担当。
農道空港の活性化にも関わっていらっしゃいます。Kさんの報告に、「ひまわりプロジェクト」への熱い想いが伝わってきます! 皆さまも岡山県笠岡市のひまわり畑の見事さを、是非、見にいらっしゃってください!

『空のF1』室屋義秀さん
岡山県笠岡市ひまわりプロジェクトへ『ひまわりの種』を届ける!!
~福島とのきずな・ひまわり育てと~

『ひまわりプロジェクト』に取り組む岡山県笠岡市へ、「空のF1」レッドブル・エアレースで,2019年総合チャンピオンを獲得した日本人パイロット室屋義秀さんが、5月3日(金)愛機にひまわりの種を積み、岡山県笠岡ふれあい空港(岡山県笠岡市)に降り立った。
室屋さんは笠岡市で毎年秋に開催される「大空と大地のカーニバル」に17年連続で出演している。この日は,今年,11月24日(日)に開催を予定している本番の宣伝のためのプレイベントが開催されており、会場には約5,000人もの観客が押し寄せていた。

会場に設置された特設ステージにおいて,「NPO法人シャローム」さんから預かった「ひまわりの種」を「笠岡ひまわりプロジェクト大島地区」の中学生たちに室屋さんの手から直接渡された。
室屋さんは「全国の福島を思う気持ちに感謝します。これからも皆さんの期待に添える結果を残していく」とあいさつした。

なんと驚いたことに、室屋さんから手渡されたひまわりの種の一部はイベント実行委員会「ひまわり翼プロジェクト」へと渡され、その実行委員会も「ひまわりプロジェクトへ参加する」と宣言。来場者2,000人に「室谷さんのメッセージカード付きのひまわりの種」が配られた。カードには「イベント本番の11月24日(日)には、皆さんの育てたひまわりの種をイベント会場に持ち寄ってください。福島へ届けます!!」と書かれている。

そして、プレイベントの一環として、空港の花壇に室屋さんと一緒にひまわりを植えた。
「NPO法人シャローム」さんの取り組む『ひまわりプロジェクト』が人々の心を打ち、感動・共感が人々を繋げていくその瞬間を見た!私は見た!(私が司会をしていたのである)

プロジェクトは、この空のようにもっともっと大きくなる予感を強く感じた!!