「高蔵寺ニュータウン・ハナモモ桃源郷の会」Hさんより

2019.06.05.愛知県春日井市「高蔵寺ニュータウン・ハナモモ桃源郷の会」Hさんより

今年も継続的にひまわりを育てて下さっている春日井市の「ハナモモの会」さんは、県有地をなんとかしたいと立ち上がった市民グループ。ニュータウンにできる高齢者福祉施設の周辺道路沿いに、市民の力でハナモモを植えようと具体的な取り組みが始まったそうです。

この会の皆さんは、草の根で地域の環境を守り、景観を整える活動に汗を流しあい、芋煮会や音楽イベントも開催するなど、園芸活動を中心に多様な地域活動に発展させていらっしゃいます。とても素敵です!このほど、最新の会報『Tomorrow No.27』を送って頂きましたので、皆さんにも見て頂きたく、ブログにアップさせて頂きます!
皆様も全国で多様なご活動の下、ひまわりを栽培してくださっていると思います。福島からの種が、全国各地域で様々な関わりや楽しみを生んでいることを知り合いたいと思います。是非、情報を共有ください!

【以下、高蔵寺ニュータウン・ハナモモ桃源郷の会 ホームページより】
http://www.0568kasugai.net/~shimin/
5月25日。花壇にはまだ春の残り花がある状態だったのですが、夏を運んでくれるヒマワリが舞台の袖で待っています。サポーターさんたちの参加も得て、ヒマワリのための舞台づくりを行いました。
カスミソウは抜き去るには、余りにも可愛そうな状態。チップを敷いた北側斜面に移し替えておいたら、来年こぼれ種がここで芽吹くかもしれないと、淡い期待を込めて移植しておきました。残りは抜去。
すべてを抜いた後、堆肥や苦土石灰を入れて耕し、完成。周りの雑草も刈り取り、6月1日のヒマワリたちの里帰りを待つばかりとなりました。

2019.06.05.ハナモモの会01

【会報『Tomorrow No.27』】

 

2019.06.05.Tomorrow-NO27omote

 

2019.06.05.Tomorrow-NO27ura