今年度の「子どもひまわり大使」事業、始まりました!

皆さま、お元気にお過ごしでしょうか?NPO法人シャロームでは、子どもたちが福島県外を訪問し、自身の経験と福島の今を発信する「子どもひまわり大使ツアー」を行っています。東日本大震災と原発事故の教訓をお伝えすることで、福島県民が背負った労苦を無駄にしない!と、子どもたちも一生懸命、保護者と一緒に準備を始めました。

大変ありがたいことに、昨年度に引き続き、今年度も福島県の「ふるさと・きずな維持・再生支援事業」に採択いただきました。必要となる経費の多くを、福島県(国)の復興資金を利用して賄うことが出来ます。税金を投入していただいての事業であることから、なお一層、福島をお伝えする機会を大切に考え、ひまわりを植えてくださっている多くの皆さまにメッセージをお届けしたいと考えています。

今年度は従来の県外訪問ツアーの他、県外から福島県を訪問していただく事業も行う予定です。このため、「地域間“相互”交流事業」と位置づけ、全国の多様な視点を得ながら福島の今を見つめて行ければと考えています。

  • 令和元年度「ふるさと・きずな維持・再生支援事業」の主な事業

1.7月25日~8月2日 子どもひまわり大使ツアー(広島・山口・兵庫)

2.9月13日~16日 県外の中学生が福島県を訪問(岡山県笠岡市)

3.12月21日(土) ひまわり交流報告会(会場:福島市AOZ)

4.実施時期調整中 子どもひまわり大使ツアー(首都圏×2回)

5.通期で調整中 県外の親子による福島訪問交流(九州地方から)

6.通期で調整中 栽培協力者・団体、生協関係者による福島訪問交流(全国から)

ふるさと・きずな_事業ロゴ(キビタンver.)

ふるさと・きずな_事業ロゴ(キビタンver.)

ふるさと・きずな_事業ロゴ(ふくしまからはじめようver.)

ふるさと・きずな_事業ロゴ(ふくしまからはじめようver.)