ひまわり大使広島~山口~兵庫ツアー 4日目

2019.07.28.ひまわり大使広島~山口~兵庫ツアー 4日目

朝からラジオ体操〜荷物整理後、日本海側の油谷へ。青少年のための施設で注意事項の説明を受け、早速海水浴へ。今回が生まれて初めての海という大使も複数おり、大変楽しみにしていました。救命胴衣を着けて海に入ると、小さな魚や透明なクラゲも発見し、時間を忘れて身体を動かしました。

午後はシーカヤックに挑戦。インストラクターさんに次いで3人艇で漕ぎ出しました。快調にテンポを合わせ!とはなかなかいかずに苦労しました。特に帰りは風に流され、漕ぐ大変さが分かりました。長距離を漕いで往復し、海洋レジャーを満喫しました。
昼食をはさんで午後もゆったりと海に浸かり、結局、5時間ほども泳ぎました。木陰で昼寝をする大使もいて、銘々に気持ちの良い時間を過ごせました。

夕食後には焚き火を囲んでの振り返りの時間を。大使から感想や印象に残ったことを紹介し、グリーンコープメンバーの皆さんからは受け入れについての思いなどをお聞きしました。話しながら目頭が熱くなる方が多く、ここまで準備下さった思いが溢れていたようでした。

山口と福島は過去の歴史に因縁があり、二本松の児童からは戊辰戦争時少年隊の話も披露されました。会津若松市と萩市の間では、今も戊辰戦争後の交流が続けられています。民間の交流が人と人の間を温かな気持ちで結ぶことを願ってやみません。今回の滞在は、震災と原発事故を教訓として継承し、誤解や偏見、風化を超えて温かな友情を育んで下さったものと感じています。

移動中、黄色いガードレールと赤い瓦屋根がよくみかける

移動中、黄色いガードレールと赤い瓦屋根がよくみかける

海水浴に興じる大使たち

海水浴に興じる大使たち

スイカ割りもさせていただきました

スイカ割りもさせていただきました

午後はシーカヤックに挑戦。

午後はシーカヤックに挑戦。

宿舎での食事風景

宿舎での食事風景

夕食後、焚火を囲んで振り返りの時間を持ちました

夕食後、焚火を囲んで振り返りの時間を持ちました