ひまわり大使ツアー 岡山~和歌山~京都 活動報告その6

2019.08.21.水 京都市での最後の交流発表会

今日も朝から存分に大使の役割を果たし、充実した一日でした。ホテルに荷物を預け、地下鉄で丸太町へ。下車後、徒歩で京都府庁に向かう途中、菅原道真を祭った神社に寄りました。学業の実りを願って祈願。名門の平安女学院を曲がって京都府庁に到着。時間に余裕があったので、一階のロビーで作文発表の準備をしました。この時間に同席してもらう伏見区のNさんも合流。福島市からの避難ママです。定刻になり、京都府危機管理部原子力防災課のTさん、発災当時の担当者であるMさんが出迎えて下さいました。ご丁寧に資料やお菓子を準備して対応下さいました。

まず、震災当時、どうして福島県を支援してくださったのか、Mさんにお聞きしました。関西広域連合で福島県を担当することになった経緯に、隣の福井県には原子力発電所が密集しており、万が一事故を起こした際、京都府にも影響が及ぶことが想定されるため、実際に事故が起きてしまった福島を支援することで、対応を学びたいという理由があったことを教えてくださいました。琵琶湖の汚染が懸念されていることも背景に、関西広域連合での福島県担当には滋賀県も加わって下さっています。実地に支援に駆けつけて下さりながら、刻々と変化する状況や過酷さをつぶさに見て頂き、福島県民を支えて下さると同時に京都府・滋賀県民のための防災にも役立てて下さる。この有難いご姿勢に、大変頼もしい思いを深めました。

京都市内に避難し、現在は福島に戻った児童、今も避難中の児童、避難せずに保養プログラムに参加していた児童と、このツアーの大使の歩みもそれぞれ。どの選択をしても、子どもたちに最大限の配慮がなされ、守られる。これが「子ども被災者支援法」の精神です。京都府の職員さんが重ねて下さったご努力と愛情に福島の子どもの加えて下さっていることに感動し、その有難さに思わず涙が溢れました。

府の職員さんとの交流発表はクローズドで行われ、実に素晴らしい心の交流につながりました。そして旧庁舎での待ち合わせには、分かち合い活動のTさん、そのつながりで知り合ったNさん、避難ママの会のTさん、同志社大のHさんとそのご友人2名も集合。そして、栽培協力者の滋賀県「音と花と人との会」Tさん、亀岡市のTさんご夫妻も駆けつけて下さいました。皆さん、平日の日中、お忙しい中、お時間を割いて大使に会いに来てくださいました。感謝の言葉もありません。

戊辰戦争へとつながる激戦の場となった蛤御門を見学。銃痕が残る分厚い門に、120年前の会津志士を忍びました。会津出身のHさんが子どもたちにその歴史を語って下さいました。彼女は御所裏の金戒光明寺での会津藩氏をしのぶ会にも参加したことがあるとのこと。京都府庁旧庁舎が京都守護職の本陣だったことも合わせ、福島とゆかりの深い縁を感じました。御所内を通って同志社大学の学食へ。敷地内には煉瓦造りの校舎が整然と建ち並び、関西の名門校の魅力たっぷりでした。新島八重もここを歩いていたのでしょう。学食のメニューも豊富で安く、選ぶ楽しさも。時間が押していたこともあり、食後、そのま学食内で作文発表を聞いてもらいました。集まって下さった方々は大使の発表に関心しきりのご様子でした。

この時点ですでにタイムリミット。急いで同志社大学から直結している今出川駅から地下鉄に乗り、京都駅へ。滋賀県のNさんはこの戻り足にずっとついて着てくださり、地下鉄の中ではアイパッドを取り出してご自身の活動について説明して下さいました。ネパールの防止プロジェクト、フィリピンの子どもたちへの支援活動など、大変素晴らしい写真を見ながら解説。短い時間でしたが、「Nさんに会えてよかった!」と感動している様子の大使もいました。ホテルで荷物を取って京都駅に戻ると新幹線のホームへ。Nさんは新幹線で食べるクッキーの差し入れもして下さいました。

最初から最後まで、たくさんの人々の善意で盛り立てて下さり、有り難い限りのツアーでした。心より感謝いたします。皆さまにまたお会いできることを楽しみにしております!

お世話になった京都駅近くのホテル

お世話になった京都駅近くのホテル

京都府庁、危機管理部で意見交換の時間

京都府庁、危機管理部で意見交換の時間

原子力防災について、お話をお聞きする

原子力防災について、お話をお聞きする

震災後の福島県への支援について説明をお聞きする

震災後の福島県への支援について説明をお聞きする

熱心にメモを取る大使たち

熱心にメモを取る大使たち

作文を発表する

作文を発表する

記念写真を撮っていただく

記念写真を撮っていただく

旧庁舎に集まって下さった近隣の協力者さんたち

旧庁舎に集まって下さった近隣の協力者さんたち

蛤御門の戦いについて説明を聞く

蛤御門の戦いについて説明を聞く

京都御所を通過

京都御所を通過

同志社大学に到着

同志社大学に到着

さっそく、学食でランチタイム

さっそく、学食でランチタイム

食後、すぐに作文発表を行いました

食後、すぐに作文発表を行いました

京都駅に戻る地下鉄乗り場でNさんのお話を聞く

京都駅に戻る地下鉄乗り場でNさんのお話を聞く

京都駅でお別れのご挨拶。再会を誓いました

京都駅でお別れのご挨拶。再会を誓いました

あっという間に福島に戻ってきました。ご苦労様!

あっという間に福島に戻ってきました。ご苦労様!