岡山県津山市 Oさん 種ご持参&到着報告 その4

●ひまわりの種を届け下さいました!
岡山県津山市 Oさん

この夏、福島から「子どもひまわり大使」がお邪魔した津山市から、なんと自家用車で種をお届け下さったOさん。ご家族3人で交代しながら延々900km!の距離を運転して下さいました!Oさんは幼馴染のTさんから「ひまわりプロジェクト」について聞き、プロの農家として今年度初めてひまわり栽培にご協力。津山市役所からのアドバイスもあって、農林水産省の「農村・多面的機能向上対策事業」の枠を活用。お仲間の農家さんにもお声掛けいただき、地域の様々な方が集まる活性化策として、ひまわり栽培を活用する方向性を考えて下さっています。

渡利の「ベーシック憩」で代表の大竹静子に米袋4袋の収穫を手渡しして下さいました。初めてのひまわり栽培ということ、長梅雨や台風・酷暑の試練があったことなど、植物の育成には大きなご苦労があったことと思います。地域にお住いの方々のためにもなる栽培として頂き、感謝の念を深めた交流となりました。

Oさんは、今回のご訪問で農産物直売所や信夫山の仮置き場、復興公営住宅もご見学。交流翌日には浜通りの被災地を経由してお戻りになるとか。原発事故の影響の大きさ、そこから徐々に回復していくための取り組みや努力まで、県外の方々には伝わっていない事実を見聞なさったことと思います。全国で栽培に取り組んでくださっている皆さまが、実際に福島を訪問され、ご自身の目で現状をご確認頂くこと。また、その見聞を持ち帰り、郷里の皆さまにお伝えいただくこと。ここに、これからの「ひまわりプロジェクト」の役割が見えてきたと感じるご訪問となりました。

米袋4つの種を届けて下さったOさん 

米袋4つの種を届けて下さったOさん

他の栽培協力者さんからの種を見せて頂く

他の栽培協力者さんからの種を見せて頂く

大竹代表との交流・意見交換 

大竹代表との交流・意見交換

ひまわりオイルも沢山ご購入いただきました!

ひまわりオイルも沢山ご購入いただきました!

津山の農産物直売所にも関わっているOさん。

津山の農産物直売所にも関わっているOさん。果物の種類や量が多いことに驚かれていました