ひまわりブログ 栽培報告紹介

此方はブルームです。
7月12日の木曜日の今日は千葉県のIさんからのひまわり日記の栽培報告を頂きました。

🌻📨🌱✉🌻📨🌱✉🌻📨🌱✉🌻📨🌱✉🌻📨🌱✉🌻📨🌱✉🌻📨🌱✉🌻📨🌱✉🌻📨🌱✉🌻📨🌱

 

ひまわり日記パート2

 

3月18日 房総は暖かく、散歩コースの城山城の標本木も咲き、16日(金)に開花宣言を致しました。(写真2枚目)写開花から2日でこんなにきれいに咲いています。(写真4・5)
そろそろ種植えの時期となりましたので、今月中には、ひまわり応援隊の皆さんにお渡ししたり、館山から友人知人へ種を発送したりしたいと思っています。
朝食時に、母が今日の打ち合わせの時に種を渡したいとの事で、”昨晩遅くまで頑張って1300粒全て、振り分けたよ!”と笑顔話をてくれました。
凄い! 私も頑張らないと!

 

17日に、お彼岸の為の餡子作りをしておいたので3種類のぼた餅を作る。
(小豆・胡麻・きな粉)母のは綺麗ですが(写真6,7)、片手の私のは、少々崩れていますが(写真8)、味はとっても美味しいです。
今日は、2018年ひまわり協力隊最初の打ち合わせを、1時からする。
館山ひまわり協力隊も今年で4年目となり、今回の打ち合わせは今までの失敗談や問題点など率直な話が出来て、今年のひまわり栽培の参考になる有意義な打ち合わせをする事が出来ました。
今年もも頑張りましょう!と、心ひとつになりました。
今回の話の中で、心に留めておきたいと思ったことがいくつかありました。

 

 

1)丹精込めて綺麗に咲いても天候や害虫・鳥害によって、種が出来るまでに至らなかった方や、種が出来ても少しになってしまった事で、負担に感じてしまう方もいて、そんな時に、皆で集まる機会、又コミニュケーションを取る事によって、“自分の所だけではないだ!という安堵感を得られる事の大切さを感じました。Tさんから初めての方には、収穫までをお願いせずに、”きれいな花が咲くからまず楽しんで!
枯れて来て種が取れる頃に切って持って来てね!と言って、天日干しや種取りはTさんが引き受けて下さり、2年目には“ひまわりを切って来て、一緒に取らない!”と言って、種を取る楽しみも経験して貰う様にしているとアドバイス頂きました。
畑仕事をしておられながらのひまわりなので、最初から“収穫して種を持って来て!”とは、自身も最初はわからない中でのスタートで大変だったので、徐々にお願いする事で、コミュニケーションも出来てきて、毎年繋がっているのだと、学ばせて頂きました。焦らずです。

2)そして、去年から種を取った時の、小さなゴミまで取る必要が無くなったのは、本当に助かります。
これによって、種までお願いし易くなったと皆さんの声でした。

3)知らぬ内に、ご近所の方や散歩している方が、毎年咲くひまわりを楽しみにしておられる方がいて、声をかけて下さるとの事で、喜びと同時に綺麗に咲かせなきゃ!と、プレッシャーも感じているとの声もありました。

4)同じようなケースではありますが、畑で大きいくて立派なひまわりが咲いていて、その綺麗さに写真を撮らせて頂いた!と、知人の方が仰って、見せて貰ったら去年から協力して頂いているコミセさんのひまわりで、その話がきっかけで、今年からひまわりプロジェクトに参加して下さる事になりました。
庭も畑も無いので、プランターね!・・と、嬉しいです!
見える所で咲くひまわりは、通りすがりの多くの方に喜びを与えています。凄いです!

5)どうしても、収穫とそのタイミングに、毎年悩まされていていましたが、今後どう対処したらいいかを話し合い、結論は”なるがまま”でした。
海に面している館山では、昨年も収穫時期には台風、多雨、強風などの塩害や湿度が高いので、カビ予防に苦労しましたが、その経験をしたお蔭で、どうにもならない天候に心煩う事無く、開花してから40日後が収穫の目安を考えた上で、
5.1)では、雨が続いている間は収穫せずそのまま。(数日なか日が晴間があっても)
5.2)収穫した後、天日干し出来そうにない場合は、すぐに種を取る。
収穫したままにして置くと、カビが酷くなる為。
5.3)収穫時期が多少過ぎても、後に天の良い日が続くと予測される場合は、収穫を時期を待ち、空をみて、時を待つ・・・なるがまま。
私たちの応援隊の皆さんは、基本的に個人の方々なので、マンションのベランダで栽培して下さってる方もいらっしゃいますし、庭や畑での栽培の方と場所がまちまちなのと、地域も違ったりする中で、それぞれの環境下で、その日その日、天を見上げて頂くのが1番と考えました。
自然との共生。

6)頭花に多少カビが発生していても、管状花を払い除けたら種には全く問題ありませんし、種をしっかり天日干ししたら大丈夫でした。
太陽の光は素晴らしいです。自然の力に委ねます。

7) 絆づくり
母のグループは、最初のメンバーを大切に、それぞれから枝葉が分かれていても幹をしっかり保ち、枝葉はそれぞれがフォローすると、更に地域に根付いたネットワークが出来ていて、強い絆を感じました。

 

この時期になると“種はもう来てるの?”と連絡がきます。
私とさんはこの春から福島での生活をスタートする事にしましたので、昨年からひまわりプロジェクトに参加して下さった方のほとんどが2年目の今年も協力して頂ける事となりましたが、どのようなフォローの仕方をしたら良いか皆さんの声を聴きながらこれから先の絆を深めていきたいと思います。

 

【種をお渡しする】
Tさんへ1300粒
母からKさんへ400粒
Tさんへ200粒
今年も、皆さんを笑顔にしてくれる大きな黄金の花ひまわりが、全国で咲き誇ります様に!

 

3月19日 母は早速、Kさんに種(9粒)を届けに行ってくれました。
お彼岸のぼた餅持参して、帰りには、おいしい卵を頂きました。ありがとうございます。
今年初めて参加して下さるさんの知人で、ふきのとうの時期になると蕗味噌を作って下さるOさんにも種9粒お届けできました。(お彼岸のぼた餅も)
その後、今日の打ち合わせに所用で来れなかったKさんの所にも種(20粒)を届けに
行って来てくれました。(お彼岸で手作りおはぎも持参して)
帰りには海から採って来た自家製の塩わかめをおすそ分けして頂きました。
母のメンバーは皆さん、昔ながらの手作り御裾分け仲間で、絆が出来ていてあうんの呼吸で、物事がスムーズに運びます。見習いたいと思います。

 

3月20日 朝から寒い雨ですが、電気屋さんに行き、ランチに行った先で、ひまわりプロジェクトで会いたいと思ってた足立区立さざなみ学園のKさんに会い、別れ際に“近い内に連絡するから!”と、声掛けして下さいました。
本当に良かったです。感謝!
その後、買い物に行った先で、母の応援隊のなかよしのママに会い、ひまわりの話をまたする事が出来ました。
“近い内に、種持って行くから宜しくね!”と言って別れました。(写真9)
今日は、どうした事でしょう。元々雨が降っていたので出掛けるつもりは無かったのですが雨が止んだので、父から電気の修理に 行きたいとの事、出かける事になり、行く先々でひまわり応援隊の人に会えました。
忙しくなかなか会えないKさんにも会えて、不思議な日でした、感謝!
DVC00674

 

3月21日 春分なのに都心はなごり雪。館山は雨。まだひまわりさんには寒過ぎる桜はどうなったか?一転して、明日からは、暖かくなりそうです。

 

3月22日 昨晩、寝付けなくて起きたら、キッチンに電気が付いていて、もしや!
私のひまわりお種を仕訳してくれていたので、一緒に終えました。
お互いに寝付けなくて、ホットミルクを飲みました。
一人分の200粒が足りなくて、母とTさんから少し分けて頂きました。
ありがとうございます。

 

 

館山ひまわり応援隊
T・I

 

🌻📨🌱✉🌻📨🌱✉🌻📨🌱✉🌻📨🌱✉🌻📨🌱✉🌻📨🌱✉🌻📨🌱✉🌻📨🌱✉🌻📨🌱✉🌻📨🌱

 

今回も報告を頂き、ありがとうございます。
これまでも今日も、Tさんの事を一緒にひまわりを育ててくれたり、観察したり、種を栽培していたり、まるで2人は兄弟のような感じですね。

 

 

次回の更新をお楽しみに。