脱線☆ひまわり談♪~パート36~

こんにちは!かっちゃんです^^

7月20日金曜日です。毎週金曜日は、ひまわりにまつわる(?)脱線話をお送りしています。楽しく読んでいただけておりますでしょうか?

2018年のひまわりプロジェクトも本格始動し、当サイト「ひまわりブログ」でも、2018年度の活動報告を始めました。

そんな中今日お伝えするのは、「ひまわりプロジェクト始動の経緯」について、です。

「ひまわりプロジェクト」は、NPO法人シャロームが主催しています。福島市で、障がいを持つ人持たない人が一緒に農家の方と力を合わせ、農業を行っていました。
2011年3月11日、東日本大震災・原発事故が発生。福島市内での農業は、継続が困難になりました。
2012年度より、ひまわりプロジェクトが始動します。福島県外の全国の仲間にひまわりの種を託し、種から育てていただき、収穫した新たな種を送り返していただく、という内容です。
送り返していただいた種は、絞ってひまわり油「みんなの手」を作ったり、翌年またひまわりを咲かせるための種としたりしています。
ひまわりプロジェクトの収益は、プロジェクトの運営資金や、子ども保養活動資金の一部に充てられています。

今後の目標は、ひまわりプロジェクトの輪をさらに広げることです。皆さまの暖かいご協力、よろしくお願いいたします!

それでは、また来週(^o^)/
かっちゃんでした☆