脱線☆ひまわり談♪~パート54~

こんにちは!かっちゃんです。福島は今日も冷たい風が吹いています。

1月18日金曜日の今日は、ひまわりに関する脱線話をお送りしています。楽しく読んでいただけておりますでしょうか。

さて、本日ご紹介するのは、NPO法人シャロームで定期的に行われている、「地元学」のお話。

シャロームの地元「福島市」の歴史に触れながら、ホッとなひとときを過ごします。

以下、NPO法人シャロームホームページより、抜粋(2019年1月7日更新分)

============================================

「落語の世界と色即是空」

講 師  ややま ひろしさん

漫画家

うつくしま芸人会代表

日 時  2019年1月19日(土)

13:30 ~ 15:00

場 所  まちなか夢工房2階

参加費 500円

<講演内容>

世界三大宗教と言われるキリスト教、仏教、イスラム教には基本的教えがあります。なじみの仏教の基本的原理は縁起と空と色即是空といわれます。反するかのように「落語の世界は、いろいろな欲(業)の肯定である」と言われます。 アッハッハ・・・、ウッフフと笑いの中に気持ちもリラックスさせてくれる落語の世界についての秘密をお聞きし、新年の初笑いをお楽しみください。

プロフィール:ややま ひろし(屋山 弘)さん

1933年(昭和8年)7月2日生まれ。福島市出身。昭和27年県立福島商業高等学校卒業、同年㈱中合(NAKAGO)入社。企画宣伝課長、本社人事課長を経て、昭和50年退社独立。

株式会社イベンターの代表取締役。

日本漫画家協会参与。民友新聞社「民友マンガ大賞」審査委員長。民友新聞にエッセイとマンガ「ろう漫日記」連載中。うつくしま芸人会代表。郷土歴史研究家・作家・福島ペンクラブ会員。

著書に『福島の歴史は面白い』『福島を面白くした50人』『百年の商魂』『信達三十三観音膝栗毛』『大霊界で12人にインタビュー』『福島の方言』『わらじまつりの陰謀』など20冊出版。