ひまわり大使山形ツアー 大江町訪問編

2018年度福島県ふるさと・きずな維持・再生支援事業受託事業

 

16.ひまわり大使山形ツアー 大江町訪問編
 河北町に続き、バスで45分。大江町の自然体験宿泊施設「やまさぁーべ」に移動しました。廃校となった小学校を有効活用した設備は大変使いやすく、自然観察指導員さんが常駐しています。今年度の春までに8回の自然体験プログラムでお世話になってきました。これまで、放射能による健康影響を危惧し、福島では難しくなってしまった屋外活動や自然体験を満喫してきましたが、福島の子どもたちが自らの体験を語り、福島の今をお伝えする機会は持てませんでした。今回は「ひまわり大使」として訪問することで、交流の中でしっかりと時間を設けることが出来ました。
 まずは体育館で走り回り、館内を探検し、夕食の準備をお手伝いしながら夕方まで過ごしました。

やまさぁーべ到着後、ひとまず遊ぶ大使たち

やまさぁーべ到着後、ひとまず遊ぶ大使たち

 

 地域ボランティアさんにご協力頂き、地元の新鮮な食材を使った美味しいカレーライスの夕食後、いよいよ発表の時間。河北町で発表したことで流れを理解し、大使達は更に自信を深めて臨むことが出来た様子でした。

マイエプロン持参で夕食の準備を手伝う大使の姿も

マイエプロン持参で夕食の準備を手伝う大使の姿も

夕食風景

夕食風景

 

まずは事前学習会の様子を映像で見て頂き、小学3年生コンビによる絵本『ふくしまで、オレは農業をやる』の読み聞かせ。続いて、先ほどとは別の6人の大使が用意してきた作文を発表しました。大江町の皆さんは食い入るように耳を傾けてくださり、原発事故の過酷さと非情さ、福島県民が懸命に続けてきた復興への歩みへの認識を新たにして下さったようです。

ひまわり大使による作文発表

ひまわり大使による作文発表

ひまわり大使による作文発表

ひまわり大使による作文発表

ひまわり大使による絵本の読み聞かせ

ひまわり大使による絵本の読み聞かせ

ひまわり大使による作文発表

ひまわり大使による作文発表

引率者も体験を語ります

引率者も体験を語ります

 

作文を発表してくれた大使達は同じ福島県に住んでいても、震災後の体験はそれぞれに異なります。小さくて何も覚えていない子、避難先から戻った子、農家の苦労を間近に見てきた子。参加した22名の大使達も、普段は聞くことのなかったお友達の体験に熱心に耳を傾け、その真剣な眼差しを見るだけでもこの「交流発表」の大切さを感じました。
 大江町の方々は一様に「素晴らしい時間を作ってもらった」と感動されたご様子です。自然体験や運動で屈託なく遊んでいる子どもたちが、顔に出さなくても過酷な体験を重ねてきたこと、更に、そうした時間を耐え忍びながら刻んできた保護者の気持ちにも思いを馳せて下さったのだと思います。このようにかけがえのない時間を作ることが出来たのもひとえに、参加してくれた大使達や送り出して下さった保護者の皆さま、いつもご協力下さる二本松市の学童クラブの皆さま、運営に協力してくださった皆さま、助成金を出して下さった福島県文化振興課の方々、そして全国でひまわりを植えて下さっている皆さまのおかげです。震災と原発事故から時間が経つにつれ、さらに深めていくべき活動であるという思いと共に、心からの感謝を重ねた「ひまわり大使山形ツアー」でした。

交流発表会でお世話になった「やまさぁーべ」にて

交流発表会でお世話になった「やまさぁーべ」にて

ひまわりイラストのインタビュー㉒

こんにちは。ブルームです。
今回はこれまでのイラストを振り返ってみましょう。今日のスペシャルゲストは、喋れないけど鈴を鳴らして会話を話す音楽の花、スズランです。どうぞ!

 

スズラン
ロンリンリンラン
♪。ロンルンランルンルンランレンルン♪。

 

・・・・・・

 

スズラン
ロンロンルンルンランレンルン
♪。

 

えっと・・・・・?
(どうも何を言ってるのが分からない。どうすれば・・・・。)
ん?

 

スズラン
ロンルンロンランリンロンランロンランルン
♪。

 

ランリンルン?レンロン?あれって、らりるれろの会話をしているの?という事は、「ロンリンリンラン♪。ロンルンランルンルンランレンルン(こんにちは。僕はスズランです。)♪。」「ロンルンロンランリンロンランロンランルン(僕の才能は音楽)♪。

 

(なるほど。これで合わせれば、)

 

スズラン
リョンロンリンランルンロンロンロンリョンルンランリンリンランルン
♪。

 

(今日のイラストをご紹介します♪。)だね。では、どうぞ!

 

🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻

 

幸せ運びのスズラン
タイトル🔔幸せ運びのスズラン🎵

 

🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻

 

これは2016年4月から描いたラストですね。

 

スズラン
ロンランロン
(そうだよ)♪。レンロンルンロンリンレンリョン(結構すごいでしょう?)♪。ロンルンランロンレンロンルン(僕らの演奏)♪。

 

スズランの由来には、花の形が鈴で蘭と同じ植物だから「鈴蘭」とそう呼ばれるようになったですね。

 

スズラン
ルン
(うん)♪。

 

意外と素敵な名前ですね。だけど『美しい薔薇には棘がある』はもちろんご存知ですよね。

 

スズラン
ルン
(うん)。ロンルンランリンロンレンロンリンロンロンルンランランルンラン(僕達の根っこにも毒があるんだ)。

 

正に、『素敵なスズランには毒がある』です。

 

スズラン
ルンルン
♪😞。

 

ああすいません💦。悪気で言ったつもりじゃ、

 

スズラン
リョンルンランランリンロン
(しょうがないよ)♪。レンロンロンルンランリンランリンリンランランリンランルンランレンリンリンランリンリンランランレンロンランロンレンランランレンレンリンランルン♪(でも僕達は良い花になる為に皆に幸せを運んで頑張っています)。ロンリンレンレンロンルンロン(そして演奏も)♪。

 

それは素晴らしいことですね。では以上、ひまわりイラストインタビューでした。 

次回もお楽しみに。

ひまわり大使山形ツアー 河北町訪問編

2018年度福島県ふるさと・きずな維持・再生支援事業受託事業

 

15.ひまわり大使山形ツアー 河北町訪問編

 

2018年9月29日。22名の子どもひまわり大使が山形県西村山郡河北町を訪問しました。福島市や二本松市から参集した大使達は事前の学習会に参加し、東日本大震災と原発事故以降、現在に至るまで重ねられてきた取り組みについて学びました。その内容を紹介映像や写真記録にまとめました。この事前学習を通じて感じ、考えたことに、保護者と共に振り返った家族の体験を加えて作文に集約し、訪問先で発表を行いました。

山形訪問の最初は河北町。原発事故後、外遊びが出来なくなった子どもたちを受け入れ、自然体験や交流を通じて多大なるご協力を頂いたのが河北町の皆さまでした。今回、子どもたちがひまわり大使として訪問し、苦労した経験や福島の今の姿を伝えることで、温かく支えて下さったことへの感謝の気持ちを表すことが出来たと感じました。

いつも自然体験で訪問する際と同様、河北町の田宮町長さんや松田議員さん、政策推進課長さん、町民のボランティアさんたちがバス到着を出迎えてくださり、これまで8年間に亘る温かなお支えを振り返り、「困ったときはお互い様。これからも、いつでも河北町に遊びに来てくださいね」とのお言葉を頂戴しました。

温かく支えて下さった河北町の田宮町長様にお礼の言葉を伝える
温かく支えて下さった河北町の田宮町長様にお礼の言葉を伝える

 

その後、交流会場である北谷地改善センターに移動。B級グルメで有名になった冷たい肉そばを昼食に頂きました。あまりの美味しさに「お代わり!」の手が次々と挙がり、子どもたちらしい元気さが垣間見られました。食後、しばしの休憩時間にも体育館や屋外広場で走り回る子どもたちが多く、束の間の時間も惜しんで楽しむ様子は微笑みを誘うものでした。

休憩後、地域の方々や町役場の職員さんたちを対象に、準備してきた発表を行いました。事前学習会で学んだ内容を映像で紹介。二本松市東和地区の有機農家さんを題材にした絵本『ふくしまで、オレは農業をやる』の読み聞かせに続き、6人の大使が体験をまとめた作文を披露しました。

小学3年生コンビによる絵本の読み聞かせ
小学3年生コンビによる絵本の読み聞かせ

 

河北町での作文発表
河北町での作文発表

 

河北町での作文発表2
河北町での作文発表

 

東日本大震災と原発事故という、未曽有の災害に遭いながらも懸命に生きてきた子どもたちを思い、集まって下さった方々は熱心に耳を傾けて下さいました。小学6年生でも震災当時は4歳。記憶が薄れているだけに家族から聞いた「自分史」は貴重なものです。こうしてプロジェクトに参加することが、家族の絆や大切にされてきた自分に気づく機会にもなります。発表後、「福島の子どもたちから生の声で体験を聞けて感動した」との感想が多く聞かれ、大変喜んで頂けました。子どもたちも「伝えることが出来た」「誰かの役に立つことが出来た」という達成感を感じたことと思います。

 

河北町議員 松田収作さんからのメッセージ
河北町議員 松田収作さんからのメッセージ

河北町政策推進課長 宇野勝さんからのメッセージ
河北町政策推進課長 宇野勝さんからのメッセージ

 

住んでいる地域や家族構成、考え方で震災後の生き方はそれぞれ違います。いざという時に快く助けて下さった河北町の皆さまに、少しでもご恩返しができたのではないか?と感じた時間でした。風化や誤解を越えた関係性が紡がれていくことの大切さへの実感も新たにしました。

「またいつでも河北町を頼りにしてください。いつでも待っていますよ」というお見送りのお言葉を、深い感動と共に胸に刻んだ交流発表会でした。

 

河北町での交流発表会を終えて
河北町での交流発表会を終えて

 

 

8回目の3.11

ひまわりブログを見て下さっている皆さま

8回目の3.11.となりました。今日の福島市は冷たい雨が降っています。
8年前は曇り空でした。地震の後、にわかに雲行きが怪しくなり、突然吹雪になったことを思い出します。寒々とした中、何が起きたのか分からない不安と共に真っ暗な夜を過ごしました。その闇は薄れこそすれ、時として靄のように心のそこ此処に現れるような気がいたします。

8年が経っても、未だ4万人以上が避難中です。
(福島県発表:県内避難者8,655人=2018/11.30.調べ 県外避難者32,631人=2019.2.7.調べ)。

福島県発表資料
福島では震災関連死は2,250人を越え、残念ながら増え続けています。
(復興庁発表:65歳以上2025人 21歳以上65歳以下223人 20歳以下2人=2018.09.30.現在)

復興庁発表資料

ひまわりプロジェクトにご協力くださっている皆さまは、原発事故後の福島の苦境を他人事とせず、お住まいの地域で花を育てることで私たちに寄り添って下さっています。皆さまの温かいお気持ちは、いまなお薄闇が続く福島に住む私たちにとって、大きな励みになっています。心より感謝申し上げます。

災害を機に始まった「ひまわりプロジェクト」ですが、皆さまのお住まいの地域で新しい輪が生まれたり、お子さんとお年寄りが集う機会が出来たりと、その意味が広がっているようです。助け合うことの大切さや災害について学ぶ機会になっていると、お手紙を寄せて下さる方もいらっしゃいます。福島に住む子どもたち(ひまわり大使)にとっても、改めて気づきの機会になっています。
今後は、こうした草の根の市民力同士が、お互いに良いつながりを生み出して行くのではないかと想像しています。ひとえに、皆さまの温かなお心と行動力のなせる技であると、震災と原発事故を祈念する日に改めて感謝申し上げます。

今年度の種の配布も始まります。福島のためだけではなく、皆さま方ご自身のためにも活かして頂けましたら幸いに存じます。皆さまのご健康とご多幸をお祈りして。

NPO法人シャローム 大竹静子

2019.3.11の福島市

ひまわりの種の到着状況

此方はブルームです。
3月11日の曜日の今日は、全国ひまわりの種の到着状況について、お知らせします。

 

🌻🚚🌱🗾🌻🚚🌱🗾🌻🚚🌱🗾🌻🚚🌱🗾🌻🚚🌱🗾🌻🚚🌱🗾🌻🚚🌱🗾🌻🚚🌱🗾🌻

 

11/11 千葉県館山市 ヘルパーステーションS.Kさん
11/11 千葉県館山市 シェアハウスまきの実C.Mさん
11/11 千葉県館山市 M.Sさん

11/11 千葉県館山市 デイサービスM.Kさん
11/11 千葉県館山市 駅前デイサービスみのりの実T.Mさん

 

🌻🚚🌱🗾🌻🚚🌱🗾🌻🚚🌱🗾🌻🚚🌱🗾🌻🚚🌱🗾🌻🚚🌱🗾🌻🚚🌱🗾🌻🚚🌱🗾🌻

 

種を送って頂き、誠にありがとうございます。
何とこの5人の方達は全員館山ひまわり応援隊のメンバーでした!
重ねてお礼申し上げます。

 

次回の更新をお楽しみに

脱線☆ひまわり談♪~パート57~

こんにちは!かっちゃんです^^

3月8日金曜日です。福島の天気は晴れ、少し肌寒いです。

 

毎週金曜日は、ひまわりに関する脱線話をお送りしています。楽しく読んでいただけておりますでしょうか。

 

今日お送りするのは、ベーシック憩の「ひまわりの種作業」の風景です。先週のお話のとおり、ベーシック憩には、もう2019年度に育てる分のひまわりの種が届いています。

 

今年度も、栽培ご協力者さまを全国から募集いたします。今行っているのは、その準備段階のひとつです。ご協力者の皆さまへお送りするために、種を小分けにしています。

脱線☆ひまわり談♪~パート57~画像1-2

 

種には、鳥よけのための薬品がついています。種にゴミが混じらないように、作業台には新聞紙を広げ、手袋をつけて、作業を行っています。

 

今年も、たくさんの皆さまからのご協力、よろしくお願いいたします。

 

それでは、また

かっちゃんでした^^

第4回事前学習会

2018年度福島県ふるさと・きずな維持・再生支援事業受託事業
第4回事前学習会(有機栽培農家さんをお招きして)
2018年9月11日(火)17:00~19:00
【二本松市岩代学童「ひまわりクラブ」にて】

9月11日(火)ひまわり大使山形ツアー参加者向けに第4回事前学習会を実施しました。
指導員の先生の他、20名以上の子どもたちに集まってもらいました。最初に「ひまわりプロジェクト」と「ひまわり大使ツアー」の活動について説明。大使として参加する子どもたちと一緒に意識合わせを行いました。子どもたちからは「県外で協力してもらったひまわりの種から、こんな油ができるんだ!」「ラッピングなど、障がいを持つ人たちがお仕事しているんですね!」「山形でお会いする人たちにしっかり伝えよう!」との声が上がりました。ひまわり大使は交流発表会を通じて「福島の現状」や「自分自身の経験」を伝える事が目的です。災害をきっかけに全国規模での助け合い活動が生まれていることを学べるのも特徴です。

ひまわり大使の役割を真剣にきくこどもたちの様子

ひまわり大使の役割を真剣にきくこどもたちの様子

 

ゲスト講師として、子どもたちと同じ二本松市在住の有機栽培農家、大内督(おさむ)さんのお話しをお聞きしました。原発事故後、有機農家として「放射能」との闘いが始まったそうです。除染をすると震災前の充分栄養を含んだ土には戻らない。土を入れかえても有機栽培としての満足行く畑にならない。何度もあきらめかけ、廃業も考えたそうです。農産物を直接販売していたお客さんも4割ほどに減ってしまった。やっとお客さんが戻り始めたのはここ2~3年のことだそうです。苦労しながらも、震災前から続けて来た「安全な野菜を提供したいという思いで頑張って来た」というお話しに、ひまわり大使たちは心打たれた様子で聞き入っていました。

ご自身の体験を語る大内督(おさむ)さん

ご自身の体験を語る大内督(おさむ)さん

有機農家大内さんのお話しを真剣に聞く「ひまわり大使」の様子

有機農家大内さんのお話しを真剣に聞く「ひまわり大使」の様子

 

お話しをお聞きした後、大内さんたち二本松の有機農家さんを取材した絵本をご紹介頂きました。『ふくしまで、オレは農業をやる』です。
突然の放射能汚染に驚き、嘆き、絶望したこと。子どもたちが避難し、寂しくなった学校の教室。食べられなくなった野菜を捨てるくやしさ。それでも冬野菜が葉を広げ、放射性物質を受け止めてくれたこと。葉っぱのおかげで土そのものの汚染が食い止められたこと。有機農業を続けたいと株を抜き、肥やしを入れたこと。有機肥料が放射性物質に打ち勝ち、野菜の汚染が低くなること。全国から農作業の応援に駆けつけてくれる人たちのこと。応援に来てくれた人がお嫁さんになってくれたこと。農家のお母さんたちが科学者顔負けで測定を行ったこと。2~3年たち、米や野菜が食べられるようになったこと。そして、できた野菜がうまいこと。力強い絵と共に語られる苦労と努力、そして放射線に負けなかった姿が目に浮かび、感動を重ねた様子の子どもたちでした。作文の発表と共に、この絵本も是非読んで紹介したいと決まりました。

ひまわりイラストのインタビュー㉑

こんにちは。ブルームです。
今回はこれまでのイラストを振り返ってみましょう。今日のスペシャルゲストは、ムレスズメです。どうぞ!

 

シ~ン

 

あれ?来ない?ムレスズメ?

 

サポート・フラワー

 

ん?「もうしばらくお待ちを。」?
では、彼が来る間にイラストを紹介します。

 

🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺 

 

ひまわり袋の中には・・・(4コマ漫画)
タイトル『ひまわり袋の中には・・・(4コマ漫画)』
<クリックすると、拡大できます。>

 

🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺🌱🎨🌻📺 

 

これは2016年3月から描いた4コマ漫画のイラストですね。

 

これはなかなか面白い4コマ漫画ですね。ヒマワリが混ざった袋の中にヒマワリの種を必死で探した後、種の下敷きになるなんて、何か気の毒ですね。

 

むれすずめ 本体
!(^^)!

 

あっ。来た来た。では改めまして、今日のスペシャルゲストは何時も団体する奇妙な花、ムレスズメです。

 

むれすずめ 本体むれすずめ 本体
!(^^)!!(^^)!

 

あれ?何か増えた。

 

むれすずめ 本体むれすずめ 本体むれすずめ 本体むれすずめ 本体むれすずめ 本体
!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!

 

まだ?!

 

むれすずめ 本体むれすずめ 本体むれすずめ 本体むれすずめ 本体むれすずめ 本体むれすずめ 本体
!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!

 

ええっ?!

 

むれすずめ 本体むれすずめ 本体

むれすずめ 本体むれすずめ 本体

むれすずめ 本体むれすずめ 本体

むれすずめ 本体むれすずめ 本体

むれすずめ 本体むれすずめ 本体

むれすずめ 本体むれすずめ 本体

むれすずめ 本体むれすずめ 本体

むれすずめ 本体むれすずめ 本体

むれすずめ 本体むれすずめ 本体

むれすずめ 本体むれすずめ 本体
!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!

 

うわあああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!( ゚Д゚)

 

むれすずめ2
(^_-)-☆

 

く、苦しい・・・。誰か助けて・・・。

 

サポート・フラワー2

ひまわり大使岡山ツアー④

2018年度福島県ふるさと・きずな維持・再生支援事業受託事業
ひまわり大使ツアー
2018年8月3日(金)~2018年8月6日(月)
受け入れ団体:福島の今と岡山をつなぐ委員会・笠岡ひまわりプロジェクト実行委員会

 

【道の駅笠岡ベイファーム(笠岡市)】
 8月5日(日)ひまわり大使は10ヘクタールある観賞用ひまわり畑をまわりました。そのうちの一区画に植えて頂いた「ひまわりプロジェクト」用の畑を、栽培にご協力頂いた大島中学校の生徒さんと交流しながら見学させて頂きました。暑い日差しに向かって咲くひまわりは逞しく、災害を越えて結ばれる友情の強さを物語っているかのようでした。

ひまわり畑でのひまわり大使と大島中学校の生徒さん

ひまわり畑でのひまわり大使と大島中学校の生徒さん

 

【カフェテラスささえ愛(笠岡市)】
 その後、ひまわり大使は大島中学校の生徒さんと「カフェテラスささえ愛」へ。昼食の前に「ひまわり大使報告会」を行いました。笠岡ひまわりプロジェクト実行委員会のスタッフの皆さん、笠岡市役所の職員さん、交流を続けている大島中学校の生徒さんの前で、事前学習会での質疑応答を元にまとめた「福島の現状」を伝える作文を読み上げました。またここでも、今回の「笠岡市北部」の水害に対するお見舞いの言葉をお伝えしました。最後に、福島からの義援金を笠岡ひまわりプロジェクト実行委員会の代表にお渡ししました。
報告会の後、「今まで福島支援でひまわりプロジェクトに参加してきたが、今回の笠岡市の水害で、ひまわり大使にここまで親身に励まされるとは!笠岡市の復興に向けて本当に勇気が湧いてきた!」と男泣きする皆さんもおられました。

 

【大島中学校の生徒さんとともにライフパーク倉敷科学センター(倉敷市)へ】
 ひまわり大使は、大島中学校の生徒さんとライフパーク倉敷科学センターへ。車中の約50分間、ひまわり大使は積極的に大島中学校の生徒さんに話しかけ、和やかな時間を過ごすことができました。昨年もひまわり大使として笠岡を訪れた一人は「毎年の継続があるからこそ親身に交流できて、とても親近感がわきました」と感想を語っていました。別れの時も、お互い名残惜しそうにいつまでも手を振り合っていました。

 

【岡山ユニバーサルホテル(岡山市)から岡山駅経由福島駅へ】
 8月6日(月)この日も岡山県は汗びっしょりになる猛暑。プログラムをやり遂げた充実感と岡山の方々と交流できた感動の余韻にひたりながら一路福島に向かいました。
 広大な畑の一角に花開く福島のためのひまわり。笠岡市で継続的に取り組んでくださっているおかげで、東日本大震災と原発事故後、薄れつつある記憶が確認されます。今夏は水害を経験することになってしまった岡山の皆さま。お互いに防災や減災への意識を繋ぎながら、今後も共感に基づいた交流を続けたいと振り返る帰路でした。

岡山駅でのひまわり大使7名

岡山駅でのひまわり大使7名

 

イラスト紹介

此方はブルームです。
3月4日の月曜日の今日は、ひまわりプロジェクトに関するイラストをご紹介します。

 

🌻🏥🎨💉🌻🏥🎨💉🌻🏥🎨💉🌻🏥🎨💉🌻🏥🎨💉🌻🏥🎨💉🌻🏥🎨💉🌻🏥🎨💉🌻

 

ヤンデレナース-アザレア
タイトル🏥「ヤンデレナース アザレア」💉

 

このイラストはこれまで紹介した事のないアザレアという花の花言葉をテーマに選んで描きました。
アザレアの花言葉「節制」、「禁酒」、「恋の喜び」、「私のためにお体を大切に」、「脆さ(もろさ)」、「儚さ(はかなさ)」、「愛の喜び」、「あなたに愛される幸せ」、「愛の楽しみ」、「あなたに愛されて幸せ」、「自制心」、「充足」をテーマにしました。
アザレアの職業は看護士で人を一生懸命看病することが趣味。大切に思っているが、本性は愛しすぎて、ヤンデレな面を持つちょっと危ない花なんです。ちなみに酒が苦手なので、禁酒しています。ひまわりがアザレアから縄を縛られ、一気に手術されて正にピンチになっているようです。

 

🌻🏥🎨💉🌻🏥🎨💉🌻🏥🎨💉🌻🏥🎨💉🌻🏥🎨💉🌻🏥🎨💉🌻🏥🎨💉🌻🏥🎨💉🌻

 

皆さんもぜひ、ひまわりの絵を描いて以下のメールアドレスにお送りください。
アドレス:ken.hashimoto622@Gmail.com

 

次回の更新をお楽しみに。